【人妻モデル個人アダルト出演契約】 西ノ宮真希

タイトル
『西ノ宮真希』34歳。夫の通勤にかかる時間は片道電車で1時間半。千葉県の所謂ベッドタウンに住まう中流階級のどこにでもいる平凡な主婦の彼女。その夫婦に差し迫った金銭面の問題が生じていた。ある日、いつもは電車で通勤するところを夫婦ともに寝過ごしてしまい車で出社せざるを得ない状況になる。駐車料金が痛手だと嘆く妻に背に腹は代えられないと急いで出かける夫。自分も起きられなかったので諦めて午後に向けて家事を済ませていく。そのさなかTVから流れているワイドショーの賑やかさに紛れ電話の着信音がなり続けていた。家事に夢中になりそれに気づいたのは正午に差し掛かる頃だった。夫からの着信が何十件と並びただ事ではないと一気に緊張が彼女に走りぬける。一呼吸を置き履歴から通話を押そうとした時、再び鳴る着信音。TVを消して静まった部屋に反響して一気に緊迫感が漂う。落ち着き払い電話に出ると、泣き出しそうな声の夫が連絡が取れたことに安堵していた。それも束の間、夫から伝えられた事象はあまりにも現実離れしていた。夫はどうやら接触事故を起こしてしまったらしく、搬送先の病院で被害者側から多額の慰謝料と損害金を請求されていた。昔からお人よしだった夫はそれらを全て受け入れ念書に印鑑を押してしまっていた。当然そんなお金は払えるはずもなく夫を迎えにいくのと事実確認をするために夫が軟禁されている場所へむかった。たどり着くとそこは小さな雑居ビルの一室。指示された部屋に着くと黒いスーツの男数人に囲われている夫がいた。指定された金額を支払えない旨を伝えても凄みを利かせて拒んでくる相手。その押し問答を繰り返していると、その場の一番偉い人間の低く響く鶴の一声で場が静まる。続けざまに夫とこの先幸せに暮らしたければ相応の対価を支払う義務があると言われ、ことの深刻さがようやく理解できた。そして夫の借金は妻の体を慰み晒すことでの返済へと変わった…。

>>続きをクリックして見る

【人妻モデル個人アダルト出演契約】 西ノ宮真希
熟女:西ノ宮真希【ピンキッシュ】
>>もっとエロい熟女動画をクリックして見る