お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 八木あずさ

タイトル
離れて暮らす義母『あずさ』の事がずっと気になっていた婿は、温泉旅行を企画して、少しでも義母と一緒の時間を過ごしたいと考えた。久しぶりの家族旅行に妻も義母も喜び、婿は義母の魅力的な体を眺め微笑んでいた。旅館に着くと、義母はお風呂へと向かう。妻は急な仕事の電話が掛かってきたので、こっそり義母の着替えを覗いた婿。想像よりもエロい義母の肢体に興奮した婿は再び策を練る。夕食時、並ぶ御馳走を前に妻へお酒を勧める。そう、妻を酔い潰す。作戦は功を奏し、義母の元へにじり寄ると、ダメという義母の口を塞ぎ愛撫を続けた。次第に潤うあずさの股間へ、婿は思いの丈をぶつける。あずさも久しぶりの行為に何度も快感の波が襲う。婿の精が熱壺の中に放たれた時、あずさも同じく絶頂へと達してしまうのだった…。
Continue reading “お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 八木あずさ”

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや 加山なつこ

タイトル
体の相性は良かったが、価値感の違いで別れを選んだ『なつこ』。あれから数年が経ち、なつこは前夫より若い男と再婚した。優しくて可愛い夫だが、受け身体質な所が少し気になっていた。偶然前夫とすれ違ったなつこ。懐かしい話をし、時間が過去をいい思い出に変えてくれていた。話の最中、前夫から急に抱きつかれ、唇を奪われた。なつこの体を隅々まで知っている彼の懐かしい愛撫。何度もイカされた思い出がよぎる。そして熱くて硬いアレを目の前に出されると、ダメと言いつつも咥えてしまう。おもむろに股間に当てがわれたアレがなつこの中に挿入された時、現夫とは違う逞しさ、激しさに瞬間昇りつめてしまう。そそくさとその場を後にしたなつこだが、久しぶりの快感を反芻していた。気付くとなつこは前夫の自宅前に立っていた…。
Continue reading “再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや 加山なつこ”

密着熟女 過剰なほど互いを貪り求め合う男と女たち…

タイトル
男は女の肌に溺れ、女は男の体温に身を委ねる。貪りあう二人は絶頂オーガズムというゴールにむかって一つに重なる。熟女の熟れたやわらかい肌を堪能すべく下品な微熱の蜜壷に己の劣情を全てぶち込めば女の悲鳴にも似た嬌声外部屋に響き渡る。
Continue reading “密着熟女 過剰なほど互いを貪り求め合う男と女たち…”

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 三浦恵理子

タイトル
義母『恵理子』さんが泊まりに来ると妻が言った。わかったと軽く答えたが、内心嬉しくて仕方がなかった。義母の恵理子さんは可愛らしく綺麗で、むっちりとしたいい女。天真爛漫なタイプで、この前来た時はチラッとおっぱいが見えた。今回はもっといい事ないかなぁなんて考えていた。義母がやってきたのは数日後、今回は4泊ぐらいすると言っていた。恵理子さんが出掛けて行き、帰宅したのは深夜だった。酔っ払って帰宅した。妻がいれば二人で介抱するのだが、今日は私一人。恵理子さんを抱え、寝室へと運び寝かせる。つい触ってしまった胸の膨らみ。すると恵理子さんが、もっとと言い始めた。多分亡くなった義父と私を勘違いしているのだろう。私は内心チャンスと思い胸を揉みしだくと、下半身を弄り始めた。いざ挿入の時になり、目を覚ました恵理子さんは私を拒んだが、いきり勃ったモノをそのままには出来ず、初めて恵理子さんと繋がる事が出来た。ダメとは言いつつも次第に感じている姿に再度興奮した私は、恵理子さんの体に熱い白濁液をぶちまけるのであった…。
Continue reading “お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 三浦恵理子”

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや 円城ひとみ

タイトル
年上の元妻『ひとみ』の異常なまでの性欲について行けなくなった僕は、別れを選択した。あれから数年、縁があり再婚したが、今の妻はとても淡白で、結婚してからも数えるほどしかしていない。もやもやとした毎日を過ごしていたが、偶然元妻ひとみと再会した。変わらぬ容姿とは裏腹にどこか元気が無い。幸いな事に現妻は出掛けていたので、ひとみを誘いやすく、お互いの近況など話す為自宅へと招き入れた。やはりと言うか、ひとみも再婚していたが夜の方で満足できていない様子だった。自分も物足りないと告げ、ひとみを押し倒した。ひとみは拒否しようとしたが、逞しく硬くなったアレを触ると、昔のようにおねだり顔になるのが分かった。ひとみの好きな事は変わっていなく、久しぶりの性行為に大満足だったし、ひとみを満足させられたと思う。あれから僕たちはひっそりと関係を続けている。ひとみはパンパンに溜めて濃くなったモノを放出されるのが大好きだから、自慰行為は自粛している。性に関しては勝手知ったる元女房の方が今の妻よりずっといいですよ。
Continue reading “再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや 円城ひとみ”

快楽の悦びに溺れた妻 翔田千里

タイトル
幼馴染の夫と付き合い始めて何年?結婚して何年だったっけ?子供も大きくなり手を離れた。夫は私を母親か家政婦としか思っていないのだろうか?街ゆくカップルが仲良さ気に手をつないでいる。私はこのまま女を捨ててゆくのだろうか…スーパーからの帰り、不意にそう思ってしまった。その時、男性から声を掛けられた。同級生だった。少し話をし相談したいと言われたので家へとついて行った。彼は何故かまだ独身。話を聞いていると、手を握られ昔から好きだったと言われた。好きなんて言われたのは何十年ぶりだろう。私は照れて誤魔化そうとしたが、彼は私の目を見つめ再度好きと言ってきた。その瞬間私のなかで何か熱いモノを感じた。彼に抱かれたいと思った。彼が欲しくなってしまった。求め与え合う行為がこんなに素晴らしいと今まで思った事はなかった。愛おしくしゃぶると硬くなり精を放ち、私の股間をみっちりと塞ぎ喜びを与えてくる行為。私は本当のセックスを知らなかった。まるで十代の生娘のように彼とセックスをし、快感を求めてしまった。私はもう昔には戻れない…。
Continue reading “快楽の悦びに溺れた妻 翔田千里”

ネトラレーゼ 欲望に満ちた青年団に妻が寝取られた話し

タイトル
皆さん、気付かない方が良かった事ありますよね?僕の話を聞いて欲しいんですが…久しぶりに妻の実家へと向かった僕たち夫婦。楽しそうな妻に僕もウキウキしながら向かいました。数日ですが妻の両親も僕に優しく、地元の青年団の方々も良く来たと受け入れてくれました。良い人達だと思っていたら、なんと、妻と青年団の男が性行為をしている所を見てしまったんです。驚いた僕ですが、その場では何も出来ず…で、妻に問い質したんです。そしたら妻が話し始めたんです。帰郷した初日の事から…青年団の男達が僕達の帰郷を聞きつけ酒宴を開いたのは、妻と行為をしたいが為で、昔からお願いすると断らなかった妻にお願いしに来たと。そしてお願いされたので行為をしたと。しかも僕のよりみんな大きくて、愛撫も上手くて、何度もイカされてしまったと…ん?みんなって?そうです、妻は青年団の男達と順番に行為をしていたんです。僕はがっくり来てしまいました。しかし妻から性行為の事を話されるうち、つい勃起してしまい、しまいには、もっと激しくヤラれてろよ、妻!という複雑な気持ちが芽生えてしまったんです。はぁ、僕は自分の性癖に気が付いてしまったみたいです…。
Continue reading “ネトラレーゼ 欲望に満ちた青年団に妻が寝取られた話し”

昇進したくて女好きのオヤジ専務に女房を充てがった

タイトル
僕の事を気に入ってくれている上司が、僕たち夫婦を温泉宿へと招待してくれた。妻は乗り気ではなかったが、僕の今後の為と仕方なく行ってくれる事になった。宿に着くと上司は先に来ており、席に着くと上司の腰巾着の先輩社員と、上司の愛人と噂になっていた女子社員が2名。てっきり上司夫妻がいると思っていた僕たちは驚いた。上司に急かされて浴衣に着替え、妻とは上司の愛人の件は大人の対応でと打ち合わせし、席へと戻った。宴が始まり、それなりに楽しんでいたが、女子社員が酔いつぶれてしまい寂しそうな上司の為にと妻は接待し始めた。酔いも回ってきた頃、上司が僕たち夫婦のセックスを見たいと言い出し、なぜか妻がOK。妻曰く、浮気は駄目だが夫婦の行為を見せるのは問題無しって事らしい。こうなったらヤケだ!と妻を上司の前で抱いた所、いつもの行為よりも興奮し、妻もエロく盛り上がっている。間近で見ていた上司のアレを触り始め、フェラし始めるし…結局興奮した妻は上司を生で受け入れちゃって、なんだかわからない宴会になってしまいました。ただ、妻のエロい一面を見れたし、夫婦でもっと楽しもうという話にもなったので良しとしますかね…。
Continue reading “昇進したくて女好きのオヤジ専務に女房を充てがった”

人妻謳歌 りほ(28)

タイトル
りほは保険会社で派遣の仕事をしている。日々のストレスを発散させる方法は、何も考えず性の快楽を貪る事。今日も男の部屋へと向かう。りほは強請るような視線を送り、男は何も言わずりほへとキスをする。そう、言葉はいらない。男は欲情に任せりほを抱く。静かな室内に、男女の息遣いだけが響く。玩具のように弄ばれ、何度もイカされ快感がりほを支配する。汗だくになりながら、男の精を全て受け止める。余韻を楽しみ、満足そうな微笑みを浮かべるりほ。男が寝てしまった。りほは汗を流し、身支度を整えると、何も言わず男の部屋を後にする。そしていつもの日常へと帰って行く…。
Continue reading “人妻謳歌 りほ(28)”

お年玉総取り特盛り!メガ盛り!美熟女ファック50連発

タイトル
新年あけましておめでとうございます!寒いお正月は温かい部屋で美熟女みながらオナニー三昧!おっぱいペロペロ!オマンコずぼずぼ、それしか入っていませんよ!人生万歳!熟女50人の全力セックスを見てください!!
Continue reading “お年玉総取り特盛り!メガ盛り!美熟女ファック50連発”

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 平野里実

タイトル
チャイムが鳴り、ドアを開けるとそこには里実が少し恥ずかしそうに立っていた。里実は私に抱きつくと激しい接吻を交わした。半年ぶりの彼女の唇は柔らかかった。里実は「あの娘がいない間、私をめちゃくちゃに抱いて欲しい」と言うと、再び濃厚な接吻を交わした。そこから私たちは獣のように体を重ねたのである。里実とこのような関係になったのは半年前、妻の実家に帰省した時だった。妻とはセックスレスで夫婦仲は冷え始めていた。年を重ねてもなお妖艶さを失わない義母里実の姿に興奮した私は、妻との関係を義母に告げた。義母は娘がごめんなさいと言うと、勃起してしまっている息子に手を添え、今日だけだからと優しく口唇に咥えた。その夜、義母の寝ている寝室へこっそり向かい、驚く義母を無理矢理に抱いた。しかしその行為は熟れた義母の女に火をつけてしまった。私達は妻の目を盗んで逢瀬を重ねたが、この事が妻にばれてしまい、私は義母との関係を切らざるを得なくなった。妻は私と別れなかった。数日間は私と話さなかったが、少しずつ時間が解決してくれた。あれから半年、妻が友達と旅行に出かける。私は寂しさからつい、義母に連絡を取ってしまった。「義母に会いたい」送った後、少し後悔した。仕事から帰り、妻のいない部屋で一人。チャイムが鳴った。私にはわかっていた。義母が来た事を、扉の向こうに妻よりも愛している義母、いや里実が私の出迎えを待っている事を。
Continue reading “お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 平野里実”

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 安野由美

タイトル
僕が元妻・由美と別れたのは、自分の借金のせいだった。あれから数年、僕は今の妻と知り合い、婿養子として再婚した。最初は仲良くしてくれていたが、次第に高圧的な感じで、今は肩身の狭い思いをしている。明日から、義両親と妻とで旅行に行く。妻の下着を鞄に詰めながら、僕は少し悲しくなった。妻達が旅行に出かけ、僕は自由な時間を満喫していた。チャイムが鳴り、出てみると保険勧誘の女性が立っていた。なんと元妻・由美ではないか!戸惑う由美を無理矢理リビングにあげると、お互い近況を話した。懐かしい昔話をしていると、昔、由美と夫婦だった時の行為が頭をよぎる。つい、衝動的に由美に抱きつき、由美を求めた。嫌がる由美だが、勝手知ったる性感帯をピンポイントで責め、次第に欲情しはじめたが、会社からの呼び出し電話で最後まではいけなかった。帰る由美を私はこっそり後をつけた。由美の家から男性が出かけて行くのを確認した私は、チャイムを鳴らした。出てきた由美を抱き寄せ昨日の続きを再開した。由美は昨日の事でムラムラしていたようで、拒否しつつも体を開いた。久しぶりの元妻の体は、空白期間が嘘のようにしっくりと私を受け止め、全てを吐き出させてくれた。
Continue reading “再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 安野由美”

婿に抱かれた義母 柏木舞子

タイトル
息子が亡くなって数年、今度は夫が亡くなった。何もやる気の出なかった私。でも私も前を向いて生きてゆかなければと、日常を取り戻そうとしていた。娘と娘婿が何かと気にかけてくれるし、婿さんは亡くなった息子に雰囲気が似ていて、あの子のことを少し思い出す。そんなある日、娘夫婦から温泉旅行をプレゼントしてくれた。久しぶりに楽しいと思える旅行、でも、つい婿さんを目で追ってしまう。あの子が生きていたら…娘からお酒を勧められ、酔った私は婿さんに抱えられて布団の元へ。寝ていると思った婿さんは、なんと私の体を弄るではないか。あぁ、やっぱりあの子と一緒。婿さんが私を抱きたいと思っているのは以前から感じていたし、私は婿さんにいつか抱かれると思っていた。私は嬉しくなって、つい息子と関係していた事を婿さんに話した。婿さんは息子の代わりになると言ってくれ、何度も何度も私を喜ばせてくれた。娘に悪いとも思ったが、もう私は婿さんのオンナになる事しか頭になかった…。
Continue reading “婿に抱かれた義母 柏木舞子”

たびじ 母との再会 艶堂しほり

タイトル
親父が再婚し、しほりは僕の継母になった。しかし、彼女は僕の元から去って行ってしまった。あれから数年たち、しほりから旅行に行かないかと誘われた。僕は逸る気持ちを抑え、しほりの元に向かった。親父としほりがまだ結婚していた時、急に親父としほりの関係が悪くなった。毎日のように泣いているしほりを僕は慰める事しかできなかった。親父は次第に家から離れて行った。僕としほりが男女の関係になるのは必然だったと思う。親父はそんな僕たちの関係に気付き、しほりを追い出した。僕には何もできなかった。暫くして僕は一人暮らしを始めた。そして今日再びしほりに逢える。数年ぶりに会ったしほりは少し痩せて見えたが、笑顔は昔のままだった。言いたい事も聞きたい事もたくさんあったが、言葉が出てこない。そんな僕に気付き、笑って手を繋いでくれた。キスをしてくれた。お互いを求めあった。会えなかった数年は直ぐに取り戻せない。時間を惜しむように体を重ねた。起きたら居ない、夢だったらと不安になった。しほりは困ったような笑顔で僕を抱きしめてくれた。今僕の横にはしほりがいる。もう離さない。暗闇だった僕の旅路もようやくトンネルを抜けたようだ…。
Continue reading “たびじ 母との再会 艶堂しほり”

覚醒注意 悔しがり目線。 天野美優

タイトル
人妻を盗撮するのが趣味な私は、ある夫婦の家庭にカメラを仕掛けさせる事に成功した。そして何日かたったある日、その人妻がエロチャットで恥ずかしい姿を晒している事を知った。人妻の名前は美優。今一番気に入っている着せ替え人形だ…僕の愛している妻、美優。彼女がよそよそしくなったのはいつだっただろう。気が付いた時にはもう、妻は卑劣な男によって手篭めにされていた。男の部屋へ乗り込んだ僕はその光景に目を疑った。美優が僕に見せた事のないメスの顔をして、男と繋がっていた。驚いた僕は一瞬の隙を突かれ、気絶し拘束されてしまった。目が覚めた僕の前で、美優を弄ぶ男。美優も喜んで受け入れ、性行為を見せつけられた。怒りと悔しさが溢れ、下半身は硬くなっていた。それを嘲笑う男と美優。僕は涙が溢れ視界がぼやける中、今までに無い程の射精感に包まれ、パンツを濡らしてしまった。
Continue reading “覚醒注意 悔しがり目線。 天野美優”

鍋パNTR 【悲報】鍋パーティーをしてやった結果

タイトル
妻と結婚して、会社の同僚から女の子を紹介してくれ依頼が来るようになった。妻も女友達に会って無いと言っていたので、良い機会だと思い、会社同僚と妻友達の鍋パーティーを開く事にしました。全員集合し、準備も整い、では乾杯しますかとビデオカメラを回し始めた所で、私に外せない用事が出来てしまい、仕方なく出掛けました。私が戻ってきた時には、パーティも終わっており、妻は酔いつぶれたのかソファーで寝ていました。私はカメラの事を思い出し、一服しつつカメラを再生。私が出掛けた後の様子が映っていました。楽しげに宴会をするみんな、早送りしつつ見ていると、みんな酔ってきたのか、妻にエロい質問など聞き始め、セクハラボディタッチなんかも始まり、女友達が帰った辺りから、呑ませて触って、エロい事言わせて、で、結局ハメられておりました。私は画面から目を離す事が出来ず、最後まで気持ちよさそうにセックスしている妻の動画を見てしまいました。
Continue reading “鍋パNTR 【悲報】鍋パーティーをしてやった結果”

ネトラレーゼ 愛妻が不倫男の肉便器になった話し 8時間

タイトル
自分の妻がセックスをしているというありえない光景。しかも自分とのセックスでは魅せない恍惚の表情。悔しくて悔しくてそれでも僕の下半身は反応し今までに無いほど固く熱く勃起してしまったのでした。
Continue reading “ネトラレーゼ 愛妻が不倫男の肉便器になった話し 8時間”

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… 8時間

タイトル
タカラ映像大好評シリーズ「お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…」の美味しいところだけをギュギュ~ッと詰め込んだ、熟女マニアの為の最強愛蔵版!嫁とは比較にならぬ程熟達した腰のグラインドがオレを魅了して離さない!!
Continue reading “お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… 8時間”

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 加賀美静香

タイトル
今夜も妻に夜の誘いを断られた。妻は携帯ゲームに夢中で、僕の方を見もしない。あぁこれで約半年していないなぁと思いながら仕方なくトイレへと向かうと、同居の義母の部屋から何やら苦しそうな声が聞こえた。行ってみると、義母は声を殺しながら自慰に耽っていた。妻がしてくれないなら、義母にと思った私はそっと義母に近づくと、お互い慰め合いましょうと抱いた。最初は嫌がる義母だったが諦めたようで、今回だけ特別と言って目を閉じた。次の日会社を早退した僕は、妻が買い物に出掛けるのを見計らい、入れ違いで帰宅した。僕の帰宅に驚く義母をぐいっと抱きしめると、昨日の続きとばかりに揉みしだいた。義母は昨日の事もあってか、直ぐに感じ始めた。さっきまで嫌がっていた義母が淫らに感じてゆく姿に興奮した僕は、義母の下着を剥ぎ取ると、いきり勃つ愚息を義母の股間に当てがい、一気に貫いた。
Continue reading “お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 加賀美静香”

うまなみの義理の息子にめろめろにされた義母 伊織涼子

タイトル
涼子はバツイチの夫と結婚し、仲良く暮らしていた。行為も回数も充実したものだった。しかし、涼子は夫のモノのサイズに物足りなさを感じていた。ある日、夫と前妻の子が受験のためやってくるという。涼子は息子のように可愛がっている彼が来る事を喜んだ。チャイムがなり彼を迎え入れた。少し大人っぽくなった彼に夫婦は少し嬉しくなった。夜、お風呂上がりの彼と鉢合わせた涼子は驚愕する。タオルの隙間からこぼれ落ちそうに頭を出している彼の息子。夫とのサイズの違いに、涼子は淫らな妄想をしてしまう。はっと我に帰り、平然と風呂場を後にした涼子だったが、彼のモノがどうしても気になって仕方がなかった。深夜、こっそり彼の部屋を訪れた涼子は、彼に気付かれないように布団をめくり、ゆっくり、ゆっくり、彼の股間を観察するのであった。
Continue reading “うまなみの義理の息子にめろめろにされた義母 伊織涼子”

ネトラレーゼ 妻が写真家の兄弟弟子に寝盗られた話し

タイトル
フリーカメラマンの私には、独立した息子と妻・千里がいます。今は妻と二人暮らし。仲の良さは昔から変わっていません。ただ、夜の方は歳のせいか勃ちが悪く、妻を愛せない日が続いていました。暫く振りの連絡で兄弟弟子が遊びに来ました。コイツは今や売れっ子のカメラマン。ノリも良く、私たち夫婦は弟のように思っていました。コイツは千里をモデルに写真を撮らせて欲しいと言ってきた。私は兄弟弟子の言う事だしと快諾した。千里がモデルになって数週間後、帰宅した私は目を疑った。リビングで、獣のようにお互いを貪り合う千里と兄弟弟子。私は自分に落ち着くようにと言い聞かせ、千里の口から事の顛末を説明させた…。
Continue reading “ネトラレーゼ 妻が写真家の兄弟弟子に寝盗られた話し”

弟の嫁 僕の妻が兄にヤられていた… 玉木くるみ

タイトル
弟夫婦と同居することになった兄は、彼等の夫婦生活を疎ましく思っていた。ある日兄は弟嫁を監視することを思いつき、日常を盗撮し始める。監視する内、弟嫁『くるみ』がチャットをしていることがわかった。身分を隠し、くるみと会話する中で、くるみが夫婦生活に満足していなことを知る。弟がいないある日、くるみを呼び出し、チャットでの会話から物足りないことは知っていると伝え、犯した。犯したと言っても、くるみがして欲しい行為はわかっていた。快感の余韻に浸っているくるみに兄は「また遊んであげる」というと、くるみは嬉しそうに頷いていた。
Continue reading “弟の嫁 僕の妻が兄にヤられていた… 玉木くるみ”

鍋パNTR 新築パ~リィ~に行った時に撮られた動画

タイトル
面倒臭がりで出不精の妻が、友達の新築祝いに誘われた。嫌々ながら準備をし、実家に出かけて行った。義父義母へよろしく伝えてと言っておいたが、あの様子じゃ聞いていないだろう。数日後、仕事から帰ると、妻がソファーで眠っていた。寒かろうと羽織を掛けると、妻の携帯が光っている。今まで妻の携帯が頻繁に鳴る事はなかったので、つい開いてしまった。連続で送られてくる動画は、どうやら新築祝いの様子を収めたモノらしい。和かに楽しげなホームパーティー。妻の楽しげな様子に目を細めた。しかし、お酒も進み、女友達が一人二人と帰っていくと、画面の中の様子がどうもおかしくなり、泥酔している妻へ、セクハラとボディタッチが多くなっていた。妻は気付いていないのか、艶かしい寝息を繰り返す。このままだとマズイと思った矢先、妻への破廉恥行為が最後の一線を越えた。僕は送られてくる動画を見ているしかなかった。ただ、下半身は異常なまで勃起してしまっていた。
Continue reading “鍋パNTR 新築パ~リィ~に行った時に撮られた動画”

これから…妻が初めて浮気をして帰ってきます。

タイトル
夫婦仲は良いがマンネリ気味に感じていた。最近、寝取られるという行為があるという事を聞き、興味を持った僕は、妻にNTRをやってみない?と聞いた。妻は何言っているの?と怒っていた。数日して妻が元彼と飲みに行って良いか聞いてきた。少しの沈黙の後、う、うんと答えた。僕も妻も緊張していた。出かけて行く妻に僕は声をかけられなかった。定期的きていたメールが途絶え、数時間後妻が帰ってきた。遅かったなというと、ごめんと妻は言った。シタの?と聞いたら俯き、首を縦に振った。妻は今日の出来事を話し始めた。僕は既に勃起した下半身を抑えつつ、妻の話を聞く。申し訳なさそうに、恥ずかしそうに頬を赤らめながら話す妻を愛おしく、無茶苦茶に抱きたいと僕は思った。
Continue reading “これから…妻が初めて浮気をして帰ってきます。”

憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 彩奈リナ

タイトル
仕事ができて、綺麗で凛々しい女上司・彩奈リナさんと、地方出張。これだけでも嬉しい事なのですが、電車が止まり、仕方なく止まりになってしまいました。ビジホもカプセルホテルも無く、宿紹介所的な所でやっと見つかった宿は温泉宿。しかも1部屋敷かなく、仕方なく二人で宿泊となりました。食事を頂き、お酒も入り、お風呂に入りと、これはまるで旅行気分。再びお酒を酌み交わしていると、彩奈さんの眼差しが僕を誘っているように感じて、ゆっくり手を握り、カラダを近づけると、目をつむり唇を差し出すリナさん。僕は夢中で彼女のカラダを貪り、愛し合いました。憧れていた女性とこんな展開、しかも想像とは違い積極的に求めてきてくれるなんて、会社のみんな知らないんだろなぁ。
Continue reading “憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら 彩奈リナ”

3ヶ月はズリネタに困らない!美熟女AV、ヌキ専用。8時間

タイトル
大好評シリーズ。3ヶ月はズリネタに困らない美熟女AV、ヌキ専用。今回も貴殿のオナニーをサポートするべく最強の美熟女を集めてみました。熟女好きの貴殿なら満足度は1000%間違いなし!ずっぽりハメ倒させていただきました!!
Continue reading “3ヶ月はズリネタに困らない!美熟女AV、ヌキ専用。8時間”

覚醒注意 悔しがり目線。 佐々木あき

タイトル
愛する妻『あき』。僕に尽くしてくれて、この女性と結婚して良かったと実感していました。ある時、僕に不審なメールが届きました。いわゆる隠し撮り。それが僕の「きっかけ」だったのかもしれません。あきが盗撮されていると知ったのもメールでした。添付の動画にはあきの姿が映し出されていました。怒りに震える僕でしたが、胸の奥に言葉にできないドロついた何かが引っかっていました。男からあきが脅されていると知った僕達夫婦は、男と対峙しまいたが、不意を突かれ拘束されてしまいました。身動きの取れない僕の目の前で、あろう事かあきが男に犯されてしまったのです。まるで見せつけるようにSEXする男。猿轡を咬まされたまま僕は叫んだ。ただ、叫びながらもあきを犯している姿がよく見えるようにと、体を動かしながら…。
Continue reading “覚醒注意 悔しがり目線。 佐々木あき”

屈辱の奉仕 ~不正行為の代償~ 夏希みなみ

タイトル
ある会社の経理部で働く人妻『みなみ』。彼女は自身の立場を利用し不正行為を行っていた。ある日みなみの不審な行動に気づいた男はみなみに問いただす。男は黙っている代わりにカラダを出せと要求する。みなみは抵抗したが、不正発覚を恐れた彼女は男に従ってしまう。男に秘密を握られ、カラダを弄ばれてゆくみなみ。男の要求は次第に激しく、変態的になっていき、それに従うみなみも変態行為に溺れていった。男から呼び出された座敷で、いつものように男から求められ従う。イカされ放心状態で縛られると、襖が開き、隣の部屋から同じ会社の社員たちがなだれ込んできた。ギラついた社員たちの眼差しに、みなみは心なしか微笑んでいた。
Continue reading “屈辱の奉仕 ~不正行為の代償~ 夏希みなみ”