熟乳 人妻の豊満なおっぱいが優しく包む…

タイトル
家事に掃除に洗濯…来る日も来る日も同じ事の繰り返し…そんな人妻達が豊満な体を使って間男を囲い込む。最初は悪いことをしてる抵抗があったが、それも最初だけ…。一度肌を重ねてしまえば溜めていた物が一気に溢れ出して狂おしいまでの快楽に気をやってしまう。少し垂れたおっぱいも優しく包み込まれる感触が癖になる。膣奥で感じる肉棒の激しい感触に腰を振るわせ、ないて悦ぶオバさん達…。
Continue reading “熟乳 人妻の豊満なおっぱいが優しく包む…”

熟乳 柔く熟した乳房にうもれたい…

タイトル
自分では隠そうと目立たないようにしているが、巨乳のその存在を隠し切れない熟れた女性のふわとろおっぱいを白日のもとに晒す。専業主婦から職場復帰OLなど柔らかくふかふかな乳房をお持ちの奥様がその柔乳をぷるんぷるんさせながら乱れる…。
Continue reading “熟乳 柔く熟した乳房にうもれたい…”

熟尻 むちっと張った巨尻にチンポを突きこめ!

タイトル
イヤラシすぎるマダム人妻のフェロモン…。程よく垂れた尻肉を鷲づかみ!ガンガンチンコを突っ込んで極上の尻肉とオマンコをたっぷり味わう!年齢を重ねた豊満な肉付きの熟女が乱れる姿をじっくりとご堪能ください。
Continue reading “熟尻 むちっと張った巨尻にチンポを突きこめ!”

熟尻 たっぷり膨らんだ肉尻を鷲づかみ!

タイトル
年齢を重ねてたるんだ肉感が堪らない熟尻を鷲づかみながら激しく突き上げると極上の快感を味わえる!大きく垂れ下がる二つの割れ目から濃い雌臭をぷんぷん出して男を惹きつける人妻のオマンコを責めまくる!!
Continue reading “熟尻 たっぷり膨らんだ肉尻を鷲づかみ!”

熟女ナンパ!! 登録No001 (仮)伊藤亜紀さん46歳

タイトル
羊水も腐りはじめると噂されるアラフォー女。果物と同じで腐りかけが好きでたまらないという趣向の人たちに支持されている世代。そんな魅力溢れる世代から、今回登録してくれたのは公務員として勤めている『伊藤亜紀』さん。お年は46歳。どことなく漂う薄幸オーラについつい声を掛けてしまいました。お年を聞いて既婚者ですかと尋ねたら旦那様とは別居中との事。今流行の熟年離婚の予備軍って所ですか。子供も手を離れて成人して一人暮らしをしているそうです。独り身になって寂しくなりこういうナンパについていくようになってしまったんだとか。年齢の割りにお顔立ちは若くていらっしゃる亜紀さん。「これでも結構声を掛けられるんです」とはにかみながら答えてくれた姿に、あぁこういうしぐさする人なんだ、と股間のほうがグンッと天を仰ぎました。早速お体を拝見。お体はさすがに歳相応にだらしないですがそれも熟女の魅力のひとつ。一緒に身体を洗い丁寧にチンポを洗ってもらっていざ実食へ!
Continue reading “熟女ナンパ!! 登録No001 (仮)伊藤亜紀さん46歳”

熟れた肉体、犯したくなる人妻

タイトル
近所の肉厚な人妻で抜いたら午後その人妻の尻肉で粘着質な音を奏でていた。夫と共働きをしている碧は休日も夫婦別々な生活を送っているため夫婦の時間が殆ど無い。夫に向けられる愛情は不倫相手に向い、出張と偽り不倫相手の男と旅行に出かけてしまう…旦那が仕事に出かけた後に急いで着替えて近所の公園に出かけた朋美はそこら辺にいる何も考えていなさそうな近所の青年に手を出してそのままお持ち帰りして性交をする。近所に住む仲のいいママ友の旦那と隣町で偶然会い、荷物を持ちますよと差出された腕を見つめて前から性的な目でママ友の旦那をみてきていた明日香はその腕を引きホテルへ向う。ママ友には話せない関係になる。
Continue reading “熟れた肉体、犯したくなる人妻”

高級会員制人妻デリヘル倶楽部

タイトル
夫以外何不自由ない暮らしを送るセレブ妻のささやかな愉しみ。それは自分の性欲を満たすためだけに入った高級デリヘル。男を買うことに飽きてしまったセレブ妻たちは興味本位で男に買われるという新しい試みに身を投じてみることにした。そこで知る禁断の悦楽。夫よりも所得の少ない男たちに買われて弄ばれる感覚に背徳感を覚えて、やめられずにそのまま倶楽部に身を置いているとか…極秘裏に開く高級会員制倶楽部に加入するのに多くの資金はいらない…それは在籍するセレブ妻達の資金でほとんどを運営されているためである。加入条件は一つだけ、そこに来る人妻を悦ばせることが出来ればそれでいい…。
Continue reading “高級会員制人妻デリヘル倶楽部”

近●●姦 木村小枝子 四十六歳

タイトル
今の夫と出会うまではお見合いで出会った前夫と日々それなりに幸せな生活を送っていた。しかし、ただひとつだけどうにもならないことがあった。「子供ができない」これだ。向こうの家が跡取りをほしがって日々催促しに来るほどにできなかった。年齢も徐々に適齢期から遠くなるにつれて二人の間に重い枷のようなものができていた。そしてその重さに耐えられなくなった小枝子は逃げ出す。逃げるように離婚をして前夫から遠ざかった小夜子の下に一人の男性が現れる。それが今の夫。その人もバツ一で受験を控えた息子を引き取り育てていた。自分にもし子供ができていたならちょうど同じぐらいの世代になっていたんだろう…そう考えると涙が溢れた。そして、今の夫と付き合うようになり、息子とどう接していいかがいまいち分からずに相談をしていた小夜子と共に生きたいと、再婚という形になった。こうして小夜子の第二の人生が始まった。早速息子に少しでも役に立つように受験勉強を見ようとするが…義理の息子に迫られた時、抗うことができなかった…逞しく育った姿を見たら….
Continue reading “近●●姦 木村小枝子 四十六歳”