玉がカラになるほど腰を振られてしまった件

タイトル
僕の事が心配で心配で、常に過保護でヤキモチばかり焼いているお母さん。今日も性欲満タンの僕が女性用の下着やエロ本をオカズに大好きなオナニーをしていたら、あろうことか母さんにその瞬間を見られてしまった。母さんは僕の汗臭い股間に近寄り、臭いをクンクンかいだりパンツを触ったりしてくるんだ。父さんとご無沙汰なのか、母さん目の色変えて僕を押し倒しフェラしてくるもんだから、母さんのスキにさせたら僕のチンポが母さんのマンコに丸呑みされちゃった件。
Continue reading “玉がカラになるほど腰を振られてしまった件”