この世は男と女だけ 嫁と義父の性愛 加賀美静香

この世は男と女だけ 嫁と義父の性愛 加賀美静香
外出の帰り道、息子の嫁・静香がいつもと違う少し露出度の高い服を着て近所のマンションへ入っていった。好奇心から後をつけると若い男と抱き合いながら部屋に入っていった。急いで自宅へ戻り、例のマンションを覗く。やはりというかSEXしていた。落胆した私は帰宅した静香に先程見た事を問いただした。息子と回数が減り、欲求不満から浮気したと聞いた私は、即座に浮気男と連絡を取らせ別れさせた。私は落ち込み項垂れる静香を舐めるように見、豊満なカラダが疼いているのかと思うと堪らなくなり抱きついてしまった。取り乱してしまった私は急に冷静になり静香に謝ると自室に戻った。翌日ぴっちりした服で掃除している静香を見た私は再び欲情してしまい、少し乱暴に静香に抱きついた。静香は少し抵抗したが諦めたのか、私の愛撫を受け入れていった。ねっとりとしつこく責めていると身を震わせ絶頂する静香。久しぶりの女性器を味わい、静香へと挿入する。激しく突き上げると静香はすぐにイってしまった。それから数日少し気まずい感じがしていたが、不意に静香が多分今日営むと思うので覗いて見て欲しいと言った。私は息子の行為がどんなものか確かめる為覗き見たのだが、あの状態だと静香は不倫に走ってしまうのは無理ないと痛感した。私は静香を呼び、息子との行為を見た事を伝え、あれでは満足できないだろうと私は自分の勃起した股間を静香に触らせた。静香は私の手を掴み淫部へ誘うと我慢出来ないと言った。私は無言で頷き、静香と口づけを交わした…。
Continue reading “この世は男と女だけ 嫁と義父の性愛 加賀美静香”

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 加賀美静香

タイトル
今夜も妻に夜の誘いを断られた。妻は携帯ゲームに夢中で、僕の方を見もしない。あぁこれで約半年していないなぁと思いながら仕方なくトイレへと向かうと、同居の義母の部屋から何やら苦しそうな声が聞こえた。行ってみると、義母は声を殺しながら自慰に耽っていた。妻がしてくれないなら、義母にと思った私はそっと義母に近づくと、お互い慰め合いましょうと抱いた。最初は嫌がる義母だったが諦めたようで、今回だけ特別と言って目を閉じた。次の日会社を早退した僕は、妻が買い物に出掛けるのを見計らい、入れ違いで帰宅した。僕の帰宅に驚く義母をぐいっと抱きしめると、昨日の続きとばかりに揉みしだいた。義母は昨日の事もあってか、直ぐに感じ始めた。さっきまで嫌がっていた義母が淫らに感じてゆく姿に興奮した僕は、義母の下着を剥ぎ取ると、いきり勃つ愚息を義母の股間に当てがい、一気に貫いた。
Continue reading “お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 加賀美静香”