爆尻痴漢電車 市原絵美

タイトル
私って、昔から痴漢に遭いやすいんです…。もしかしたらお尻が大きすぎるから?満員電車に乗ると必ず私のお尻めがけて伸びてくる男の人たちの指先…。えっ、女性専用車両?乗ったことありません。だって…男性が乗ってないんでしょう?今日は、こんな私が初めて痴漢にあったときのことを少しだけお見せします…。
Continue reading “爆尻痴漢電車 市原絵美”

母の親友 市原絵美

タイトル
すっかり関係が冷え切った夫から逃げるようにしてやって来た母の親友・絵美。離婚の相談も兼ねてしばらく家に泊まることになった。今まで女性と全く縁がなかった達也は、綺麗な女性が一つ屋根の下にいる…というだけでドキドキ。興味本位で絵美が眠る部屋を覗き込んでしまう。そこで目にしたのは絵美がいやらしい声をあげながら自分の身体を慰めている姿。それは達也の情欲に火を灯すには充分だった…。
Continue reading “母の親友 市原絵美”

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 市原絵美

タイトル
妻の実家に帰省するのは何年ぶりだろうか?仕事がひと段落し、久々の連休、お義母さんも寂しがっているだろうと帰省した。義母、絵美は二人を優しい笑顔で出迎え、娘夫妻の好物を食卓に並べて持て成した。婿が席を外し、娘母の団欒。母は娘に孫の顔が見たいと言った。娘は夫は好きだが、性行為をしたくない、夫はしたがっているが、私は嫌いと言い、怒って席を立った。娘が性行為が嫌いでも婿さんは違うだろう、溜まってしまうでしょう、娘夫婦は大丈夫なのだろうか、母は困惑してしまった。あくる日、娘が出かけてしまったので、婿さんにお手伝い願おうと寝室へ向かうと、自慰をしている婿の姿を見てしまう。慌てて隠す婿の姿を不憫に思った絵美は、私のせいでごめんなさいと婿の自慰を手伝った。久しぶりに手にした勃起するアレに、絵美は少し興奮し、お互い気持ちよくなってしまう。さすがに娘に対して罪悪感を覚えた絵美は、娘には内緒と婿に告げるのだが…。
Continue reading “お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 市原絵美”