初撮り人妻中出しドキュメント作品集 Vol.2 6人4時間

初撮り人妻中出しドキュメント作品集 Vol.2 6人4時間
快楽を求めAVデビューした熟女達の痴態をタップリ4時間収録した作品集!夫に内緒で初めて出演したAVでイキ果てる熟女を6人収録!はちきれんばかりの肉棒を淫汁まみれの熱壷に挿入!!激交尾の中出しタップリ4時間!!
Continue reading “初撮り人妻中出しドキュメント作品集 Vol.2 6人4時間”

熟蜜のヒミツ ちひろ

タイトル
高身長と八重歯が可愛いちひろさん48歳。エッチの下手な旦那に我慢できず応募。適度に大きいお尻と美乳がたまりません。感度も抜群、大股広げて手マンされてイキながら潮を噴いちゃった。大きく頬張ってチンポを味わうフェラ、大好きな乳首に亀頭を当ててスリスリと快感に喘いだ後はフルコースセックス。圧巻は170cm女への駅弁ファック、大きな巨体が上下に揺れ泣き叫ぶように咆哮。最後は中出し。
Continue reading “熟蜜のヒミツ ちひろ”

おばんにおまかせ3

タイトル
熟せば熟す程良くなるものはなんでしょう?答え、フェラチオ。咥えれば咥える程増えるバリエーション、磨かれる技、目の前の肉棒に対し、大量の過去データから分析し対策する。平均年齢43.7歳、痴女歴は20数年の筋金熟女8人。涎過剰なとろける口内、蛇のように蠢く舌、貪るような吸引力、何より逞しい男根への執着心。男は精子を献上、小娘共は見学なさい。
Continue reading “おばんにおまかせ3”

俺の嫁の母 したたる 新川千尋 森崎りか 中井まゆみ

タイトル
嫁は不在。嫁の母と二人だけの空間。熟れた身体を見せつけるかのように振る舞う俺の嫁の母。俺の抑えきれない欲望に呼応するかのように、嫁の母の淫らな欲望はみるみるうちに開花していく。性に目覚め肉棒を一心不乱にむさぼる姿は「嫁の母」ではなく性にまみれた只の「淫乱性欲オンナ」であった…。“完全撮り下し”新川千尋、森崎りか、中井まゆみ、3話収録!!
Continue reading “俺の嫁の母 したたる 新川千尋 森崎りか 中井まゆみ”

美人妻ぐちょぐちょディルドオナニー

タイトル
膣孔奥深くにズッポシと突き刺さる極太ディルド!!欲求不満な美人妻たちの艶かしいオナニー三昧を超卑猥アングルで迫る!!ぐっちょりぬっちゅりと恥ずかしい音をたてて出し入れされるディルド!!痺れるような膣感覚がヤメラレナイの!!
Continue reading “美人妻ぐちょぐちょディルドオナニー”

初撮り人妻中出しドキュメント 新川千尋 45歳

タイトル
「初体験の相手が今の主人。実は淡白でセックスの刺激がありませんでした。セックスレスで3年はしていません…。」恥ずかしそうな受け答えがそそられる人妻だったが男にしつこくいじられて、一度スイッチが入るとド淫乱に変身。
Continue reading “初撮り人妻中出しドキュメント 新川千尋 45歳”

お義母さん 僕の子供を孕んでください 新川千尋 48歳

タイトル
もう戻れない秘密の肉体関係。娘婿と義母の二人きりの妊活が始まる!?しばらく家を空ける妻の代わりに上京してきた義母。年齢の割には若くて艶っぽい。前々から好意を抱いていた義母に、ぜひとも子種を注いでみたい!!ボクの子供を妊娠させたい!!義母を孕ませる為のセックスに義母もイキ果てる!!
Continue reading “お義母さん 僕の子供を孕んでください 新川千尋 48歳”

続・異常性交 五十路母と子 其ノ拾 新川千尋

タイトル
愛する夫の浮気現場を目撃した千尋は嫉妬と共に激しい欲求不満に駆られていた。千尋が派手になった夫のシャツの匂いを嗅ぎ自慰に更けていた時、息子・健二に見られてしまう。膨らんだ健二の股間に欲望が抑えられず、息子と一線を超えてしまった千尋は、次第に所構わず夫の目を盗み健二を誘惑していった…。やがて、夫の浮気が終わりになった事を知った千尋は、健二との関係に終止符を打とうとしたが、長身でスレンダーな母の躰の虜になっていた健二は千尋を押し倒し、乱暴に舌を絡ませ…。
Continue reading “続・異常性交 五十路母と子 其ノ拾 新川千尋”

Wife Life vol.018 昭和46年生まれの新川千尋さん

タイトル
新川千尋さん、45歳。若い頃はモデルとして活躍し、今はデイトレーダーの夫のもと、優雅なセレブ生活を送る。無駄肉ゼロで高身長美脚のプロポーションは全く衰えない。夫に誓ったはずの女体は未だ遊び盛りで裏では不倫三昧。不特定多数の肉棒を丁寧にしゃぶり、期待に潤う蜜壺。長い四肢を投げ出し組み敷かれたあられもない痴態で女を愉しむ…。
Continue reading “Wife Life vol.018 昭和46年生まれの新川千尋さん”