代理出産の母 柏木舞子

代理出産の母 柏木舞子
舞子は娘と娘婿と3人暮らし。結婚して数年たっても新婚の様な娘夫婦に安心して見守っていた。転機は急に訪れた。何年たっても子供の出来ない娘夫婦は検査を受け、娘が不妊という診断結果が出てしまっていた。娘に掛ける言葉が見つからず戸惑う舞子に、娘から衝撃的な事を言われてしまう。娘は舞子に代理出産をお願いと。舞子は悩んだ。自身も高齢、チャンスなど限られている。不安、でも娘の為ならと、代理出産する事を決意する。娘に見守られながら、婿と行為する。失敗しない様にと緊張が舞子を襲う。婿の愛撫は優しかった。次第に熱くなっていく。婿に促され男性器を触り舐めた。子宮の奥が疼き始め、掻き回して欲しくなる。が、これは娘の為の行為、気持ち良くなってはいけない。舞子は婿の精子を受け止めた。舞子たち3人は新しい命が宿るのを願った。数日が経ち、舞子は寝付けずにいた。婿とした子作りSEXを思い出すと、奥から蜜液が溢れてくる。指でなぞるだけでは満足できない。チンポを欲してしまう淫らな体は、激しく手淫しても静まらない。夢中の舞子は自慰を婿に見られている事にも気付かない程だった。婿は堪らず舞子に抱きつくと、すでに硬くなっているソレを舞子に握らせた。本能がソレを欲するが、舞子はなんとか自制し、婿の熱い白濁液を口で受け止めたのだった…。
Continue reading “代理出産の母 柏木舞子”

ニートな息子を挑発し自分の性欲処理の道具に使う母

ニートな息子を挑発し自分の性欲処理の道具に使う母
ハタチを過ぎても乳離れができない息子が愛おしくてたまらない母は、会社にもいかず自分の体を求めてくる息子に、怒るどころか優しく応じてしまう。6人の上品な母親が息子との禁断関係に堕ちる!!
Continue reading “ニートな息子を挑発し自分の性欲処理の道具に使う母”

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 柏木舞子

タイトル
娘夫婦と同居している舞子。忙しい二人に代わって炊事洗濯家事一般をこなしている。いつも二人のために元気になる献立なんかを考えている。ある日の深夜。リビングに元気のない婿さんの姿が。どうしたのと聞いてみると、娘との夫婦生活が無く、ずっとセックスレス。今日も誘ったが断られたと哀しい顔をされてしまった。こんな良いお婿さんを悲しませるなんて酷い娘と思いつつ、役に立てるならと、すっきりしたいでしょと婿の股間を弄った。お互い高まり合い、いつの間にか婿にイかされた舞子。婿さんを口の中で受け止めると、ゆっくり飲み込んだ。舞子は昨日の事を思い出していた。娘と話している事も頭に入ってきていない。娘が外出して直ぐ、婿さんが早退したと帰ってきて、強引に抱きしめられてしまった。最後の理性で婿さんを拒んでいたが、昨日味わった快感が蘇ってきてしまい、ついに婿のモノで貫かれてしまい、舞子は久しぶりの感覚に酔いしれてしまっていた…。
Continue reading “お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 柏木舞子”

息子を誘惑する五十路母 柏木舞子

タイトル
専業主婦の舞子です。旦那と息子の3人で暮らしていますが、私には秘密があります。それは年下の男性との不倫関係でした。しかしある日、不倫相手とのセックスを息子に見られてしまったのです。夫にバレて家庭崩壊になるのは絶対に避けたいと思い私のとった行動は息子を誘惑し肉体関係をもつことでした…。
Continue reading “息子を誘惑する五十路母 柏木舞子”

同級生の母親 4時間総集編

タイトル
シリーズ「同級生の母親」6名収録の総集編です。経験豊富な熟女のリップサービスやハンドサービス。大人の女性に魅了された息子の友達の硬く大きな肉棒に翻弄された人妻物語をどうぞご覧ください。
Continue reading “同級生の母親 4時間総集編”

続・異常性交 五十路母と子 其ノ弐拾 柏木舞子

タイトル
夫婦の濃厚な営みを覗き見るのが日課になっていた息子。いつも物足りなさそうな顔をしていた母。そんな時、部屋で寝ている息子の股間を握りしゃぶり始める。息子は、びっくりしつつも気持ちよさが先行してそのまま母の手の中で果ててしまう。息子は興奮と共に抑える事の出来ない欲望を感じ、母をひとりの女として意識し始めた。やがて息子は所構わず母を追いかけ回す日々が続き…。
Continue reading “続・異常性交 五十路母と子 其ノ弐拾 柏木舞子”

婿に抱かれた義母 柏木舞子

タイトル
息子が亡くなって数年、今度は夫が亡くなった。何もやる気の出なかった私。でも私も前を向いて生きてゆかなければと、日常を取り戻そうとしていた。娘と娘婿が何かと気にかけてくれるし、婿さんは亡くなった息子に雰囲気が似ていて、あの子のことを少し思い出す。そんなある日、娘夫婦から温泉旅行をプレゼントしてくれた。久しぶりに楽しいと思える旅行、でも、つい婿さんを目で追ってしまう。あの子が生きていたら…娘からお酒を勧められ、酔った私は婿さんに抱えられて布団の元へ。寝ていると思った婿さんは、なんと私の体を弄るではないか。あぁ、やっぱりあの子と一緒。婿さんが私を抱きたいと思っているのは以前から感じていたし、私は婿さんにいつか抱かれると思っていた。私は嬉しくなって、つい息子と関係していた事を婿さんに話した。婿さんは息子の代わりになると言ってくれ、何度も何度も私を喜ばせてくれた。娘に悪いとも思ったが、もう私は婿さんのオンナになる事しか頭になかった…。
Continue reading “婿に抱かれた義母 柏木舞子”

息子に寝取られた俺の嫁 4時間20人

タイトル
たった一度の過ちから家庭内の歯車が狂いだす…母にオンナを感じてしまう息子と、息子に男を感じてしまった母親。もう昔の生活には戻れない、許されざる禁忌…若い性欲に女の悦びを思い出す五十路の身体。
Continue reading “息子に寝取られた俺の嫁 4時間20人”

五十ゴザむしり 4時間20人

タイトル
日ごと増す性欲が五十路熟女を狂わせる!!人生で一番気持ちいいセックスは五十代から!胸や尻は垂れても感度は倍増する年頃!久しぶりに味わう肉棒の味に全身を火照らせる。激しい快感に体をクネらせ悶え喘ぐ熟れた肉体をご覧ください。
Continue reading “五十ゴザむしり 4時間20人”

人妻痴漢電車 ~さわられた五十路母~ 柏木舞子

タイトル
(もしかして私…痴漢されてる?)久しぶりの通勤ラッシュに面食らう舞子は、豊満すぎる自らの臀部に初めて体験する違和感を感じていた。身を捩らせて逃げようとするが、指先と思しきその感触はなまめかしく布地の中に滑り込み、夫以外は立入禁止の聖域にまで迫ってきた…(やっぱり痴漢だ!)。確信したと同時に襲ってくる恐怖感…。だが、本当に舞子を恐怖させたのは痴漢ではなく、痴漢によってエクスタシーを感じている自分自身の秘められた淫乱さであった…。
Continue reading “人妻痴漢電車 ~さわられた五十路母~ 柏木舞子”

田舎の母子性交 絶倫童貞息子を優しく包み込む五十路母

タイトル
夫婦の交わりを見た息子は昂ぶる興奮を覚え、いつしか母を想いながらオナニーに耽るようになった。それを見てしまった舞子はオナニーの手伝いをしてしまう。それがきっかけで息子の内に秘めていた下劣な欲望が目を覚ます。父の目を盗み舞子の身体を求める息子。しかし、最後の一線を越えさせてくれない舞子に息子は落ち込んでしまう。そんな息子の姿を見た舞子はついに決心し息子との一線を越えた。童貞の息子に優しくゆっくりと恥部や体位を教えてあげる舞子。やがて、この一線がきっかけで息子は…。
Continue reading “田舎の母子性交 絶倫童貞息子を優しく包み込む五十路母”

豊満義母の誘惑 柏木舞子

タイトル
義母・柏木舞子の優しい性格とその豊満な肉体に惹かれた息子は、巨乳パイズリに玉舐めフェラで性処理してもらう卑猥妄想を抱き、頭から離れない義母を監視するようになる…。父親との夫婦の営みでアナル舐めに玩具遊び、そして乳揺れ騎乗位で中出しSEXする姿やマンズリオナニーする姿を覗いていると…覗きに気づいていた舞子は「お父さんいないし、可愛がってあげる」と息子を誘い尻穴舐めて、近親セックスに喘ぎ乱れる!!
Continue reading “豊満義母の誘惑 柏木舞子”

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 柏木舞子

タイトル
私は以前年上の女房『舞子』がおりました。経済的な理由から離婚してしまいました。あれから数年、新しい職場で今の妻と会い、満たされた生活ではあるのですが、夜の方の相性というのがイマイチで…そんな折、舞子と再会しました。お互い再婚し近況を話すと、つい懐かしくなった私は、旅行中で妻のいない自宅に舞子を招き入れました。昔話と舞子への謝罪。あの頃の若かった二人。私は気持ちが抑えられなくなり、舞子を抱いた。罪悪感より、舞子との行為の快感が勝っていました。やはり、今の妻よりも舞子の方が相性がいい。自分を包み込むように受け入れ、お互いに快感を貪れる。心から気持ちがいい性行為が出来るのは舞子しかいない。それから数日後、私は舞子の自宅へと向かっていました。
Continue reading “再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 柏木舞子”

調教される母 柏木舞子

タイトル
大手保険会社を辞め、父・孝司の工場で働きだした明彦は、義母・舞子の色香に惹かれる。道で知らない男と話している舞子を見つけ、スマホで撮影。脅しをかけるが、きっぱりと拒否される。逆恨みした明彦は媚薬を手に入れ舞子を性奴隷として調教し始める。
Continue reading “調教される母 柏木舞子”