アナタごめんなさい…わたし寝取られました 椎葉みくる

タイトル
旅行雑誌の読者レポーター企画に当選し、ちょっとそこまで…のはずだった。あの日、あの場所で起こった一部始終…。消える事のない、淫靡で残酷な記憶…。不安と葛藤を押しのける、火照った心身は止まらない…。
Continue reading “アナタごめんなさい…わたし寝取られました 椎葉みくる”

今日も義父に玩具にされて… 椎葉みくる

タイトル
息子の嫁・みくるが友人との約束で外出しようとすると、突然訪れた義父。早々に濃厚接吻をされ股間をまさぐられるとカラダが勝手に反応してしまい、早々に立ちバックでイキ果ててしまう。約束のキャンセルをさせられた後、リビングで肉壺を唾液まみれに舐められ、Iカップ爆乳を揉みくちゃにされながら激しく膣奥を突かれてしまう。真昼間にもかかわらず大絶叫しながらキスを求め、愛液付きの肉棒を口淫しては爆乳に挟んでパイズリをし、最後は汗ばんだ顔にタップリと義父の濃厚ザーメンを注がれたのだった…。
Continue reading “今日も義父に玩具にされて… 椎葉みくる”

義父のネチネチした責めで本気イキする感じやすい巨乳妻

タイトル
みくるは3年前から不妊治療を受けていたが、保険が効かない高額医療のため義父が金銭援助をしていた。しかし親族会議でその援助も打ち切りになり、夫は義父に継続を懇願していた。義父はたびたび妻みくるのIカップや丸みを帯びた尻に触れたり、みくるの体を味見したいと思っていたので、援助継続の交換条件として1回だけヤラせろと夫に提案。夫は仕方なく、1度だけとOKを出し妻を説得し抱かせたのだ。夫の目の前で義父に抱かれるが、夫が部屋を出ると背徳感からか快感に酔い浸り何回もイッてしまう。その快感を忘れられず、後日義父の家に行きいいように弄ばれる自分に興奮し、幾度となく絶頂を迎えるのであった。(テクノブレイク)
Continue reading “義父のネチネチした責めで本気イキする感じやすい巨乳妻”