ワタシ、お義父さんの老棒が癖になりました…

ワタシ、お義父さんの老棒が癖になりました…
義父が私を邪な目で見ている。私の一方的な気にしすぎだと思う故、夫には言えない…。手を出されて気付いた時には、なにもかもが遅かったんです…。夫よりも逞しいオチンチンを挿れられ、美しい身体をねっとりとねぶられ、オンナの悦びに目覚める時。年齢を超えた肉欲生活がはじまる。
Continue reading “ワタシ、お義父さんの老棒が癖になりました…”